ボディの傷は非常に気になります。中古車も大きな傷は無理ですが、小さなモノなら自分で補修するのも可能です。

中古車をお得に補修する方法について

中古車の擦り傷は、自分で補修することも可能です。

擦り傷が自分で直せるかどうかは、その傷の深さに寄ります。塗装部分だけでなく地金にまで傷が及んでいるようなら、個人での補修は無理です。ふゅめんじょうの数生きずなら、コンパウンドを利用することで補修をすることが出来ます。触ってみて、傷の一の感覚が分からないようなら、十分直せます。ボディの補修用に、3段階で補修できるタイプの製品がありますので、それを購入しましょう。傷が浅い場合なら、荒磨きタイプは使わなくても直せるはずです。中磨きで、傷に剃って、磨いていきます。何度もコンパウンドを付けるのでは無く、1度で磨ききるようにするべきです。何度もコンパウンドを付けると、同じ大きさの粒子で磨く形になるからです。。

こすっている内にコンパウンドの粒子は徐々に小さくなり、ボディに入る傷も少なくなっていきます。最後に仕上げのコンパウンドで仕上げていきます。これも同じように何度もコンパウンドを拭き取る布に付けないようにします。コンパウンドgをかけ終えれば、必ずワックスを掛けておかなければ成りません。コンパウンドは、それで表面を傷つけることになりますので、ワックスで表面を抑える必要があるからです。もちろん、コンパウンドには油分が含まれていますが、コンパウンドの成分を取り除くためにも、ワックス掛けは必要です。へこんでいる部分には無理ですが、中古車で気になる、ボディの樹脂パーツなどとの接触などで出来た樹脂後などもコンパウンドで落とすことは出来ます。

【参考】

Copyright (C)2017中古車をお得に補修する方法について.All rights reserved.