前のオーナーがたばこを吸う人の場合は、シートに焼け焦げが残っていたりします。そんな中古車には、補修が必要です。

中古車をお得に補修する方法について

中古車で気になるシートの焼け焦げは補修を行いたいです。

前オーナーがたばこを吸っていた車の場合は、その臭いが嫌で、購入しないという人も多いと思います。もちろんご自身が喫煙をされるのなら、それは気にならないでしょう。ただ、車に乗って、すぐ目が行くたばこの焼け焦げは、補修が必要です。完全に仲間で、穴が空いている場合は、補修することは無理ですが、軽い焦げなら、補修することが可能です。もちろん、そのシートの材質にも寄りますが、ファブリックであれば、小さなモノなら何とかなるはずです。もちろん、中古車屋に展示される時点で、小さなモノならすでに補修は終えているはずなので、そのまま市場に出回ることはありませんが、個人売買の場合などは、恐らくそのままの状態で売られるはずです。

歯ブラシを等を使い、焦げているところを落としていきます。また、合成皮革の場合は、専用のシート補修材がありませうので、それを利用すると良いでしょう。ただし補修材を利用すると、逆に目立つ可能性は十分考えられます。それ以上広がらないためにという考えで使用するべきだと思います。目立つ場合は、シートカバーを利用するのが一番良いとお思います。最近のシートカバーは、それぞれの車種専用のモノが多くなっているので、ピタリとシーをにはまります。その仕上がりは、革シートに付け替えたのではと思わせるほど良く出来ています。昔のように、汎用品のシートカバーとは全く違います。シート自体の痛みは治りませんが、見た目だけは新車の雰囲気になるはずです。

【参考】

Copyright (C)2017中古車をお得に補修する方法について.All rights reserved.