最近の中古車は新車と思えるほどきれいな車が多いですが、中には小傷が残っていて補修が必要な場合もあります。

中古車をお得に補修する方法について

中古車を買って補修をするのは、タッチアップぐらいです。

小傷の場合は、中古車屋もわざわざ補修をすることはありません。費用が掛かるからです。そのまま展示して、ここに傷があるとの説明をするはずです。ほとんどの場合、買う側もそれほど気にならないモノだと思います。大きな傷なら、補修をしているはずですから。でも、買ってからその傷が気になることは結構あります。一番良いのはタッチアップを行うことです。カーショップで500円ぐらい出せば、ほとんどの車のタッチアップがあるハズです。各車両毎に、ボディカラーが記載されているのd、すぐに自分の車はこの色だなと判断が出来るはずです。

キャップを開けると、プラスチックの先に筆が付いているので、それをそのまま使用すれば良いのです。使用する前に、キャップを閉めて、タッチアップを良く振っておきます。中に小さな玉が入っていて、内部をうまく混ぜ合わせるように成っています。出来れば、補修する周囲はマスキングをしておく方が良いと思います。必要の無いところまで塗ると大変ですから。仮にはみ出した場合は、すぐにならシンナーで消すことが可能です。へこみがある場合は、一応パテ盛りをしておくことをお薦めします。タッチアップだけでは、へこみや塗装の歯ガレを埋めることは出来ないからです。タッチアップは、完璧にいろあわせをすることは出来ないので、塗っても意外と目立ちます。傷や錆がさらに広がらないようにするためのモノだと考えておくべきです。きれいに直したいなら、プロに任せる履きだと言えるのです。

【参考】

Copyright (C)2017中古車をお得に補修する方法について.All rights reserved.