古い中古車の中で一番問題になるのが電気系です。補修はその年式にも寄ります。古いと一からやり直す必要があります。

中古車をお得に補修する方法について

古い中古車を購入すると電気系の補修が必要になります。

電気系の補修は非常に大変です。何処にも問題があるかどうかは外から見えないからです。1本ずつの配線を確認していかなければ成りません。車の電気系は非常に多くの配線があります。車がボディアースになっているのは、片側の配線を不要にし、もし、軽量化を図るためです。もし、プラスマイナスの配線を車中に巡らせていれば、その重量はかなりのモノになります。人間一人分とは行かないまでも、重リュ配分なども考え直さなければならなくなってしまいます。それだけ多くお配線が来るじゃの中には走っているのです。

その中から目的に1本を探し出すのは非常に大変です。問題のあるところから、次のコネクターまでの配線を一本ずつチェックしていくのですから、その手間は大変です。ただし、車の配線は、基本的に固定されているので、動かない部分はまず断線することはありません。エンジンルームを走る配線等が一番怪しいと言えます。もし、ボディの中を走っている配線に問題が出るようなら、その箇所を補修してもすぐに他の場所が悪くなってしまいます。そこまで古い中古車だと、配線を一から引き直す必要が出てきます。そうしないと、一カ所直しても、次々と悪くなってしまうからです。中身の見えない配線ですが、ショートをしているときは、何処が悪いかはすぐに分かります。ただし、ヒューズが切れるような箇所だとこれも分かりません。電気配線の補修は非常に大変な作業だと言えるのです。

【参考】

Copyright (C)2017中古車をお得に補修する方法について.All rights reserved.