中古車もきれいに補修してあると問題はありませんが、ドアは意外と合っていないことがあります。補修が必要です。

中古車をお得に補修する方法について

中古車が事故車の場合は、立て付けの補修が必要かも知れません。

ボンネットの閉まりが悪いとかドアの締まりが悪いなどは、1度その部分を修理して、ボルトなどを取り外したからだと考えられます。この部分を補修するには、固定しているボルトを緩めて、ほんの少しjずつ調整を行う必要があります。一番最初にするのは、キャッチ部分の調整です。ほとんどの場合、この部分の調整で直るはずです。キャッチの調整範囲を超えているほどずれているとなると、ドアやボンネットをほんの少しずれす必要が出てきます。ドアは思いの外重たいので気をつけなければ成りません。完全に外してしまうと、素人にはまともに取り付けることはかなり難しくなります。

また、ドアを取り外すような事故を起こしていると、ドアミラーの配線などが一部はずれているなんて事もあります。ほとんどの場合は、中古車屋がきっちりとチャックを行っているので、まず問題は無いはずですが、最終チェックをしなかった場合などは起こりうる可能性もあるのです。その場合は、内張を外して確認をしなければ成りません。また、意外と窓のパワースイッチがダメになっていることもあります。この場合は、スイッチを交換しなくては成りません。年式が多少古くなってくると、パワースイッチの故障は意外と出てきます。年式が新しければ、スイッチ類にmんだいは出てこないはずです。古い中古車の場合は、どうしても電気系にトラブルが出てくることが多くなります。ゴムの絶縁性が劣るためと、水などがコネクターに入ってしまうことがあるからです。

【参考】

Copyright (C)2017中古車をお得に補修する方法について.All rights reserved.