中古車を購入後、やると言えば塗装の補修では無いでしょうか。色が惚けていたり、傷があったりとサイズも色々です。

中古車をお得に補修する方法について

中古車の補修と言えば、やはり塗装が一番だと思います。

中古車の塗装補修を行う場合、フェンダーなら段差のあるところまでを一気に塗るので、塗る面積は以外の大きくなります。段差の位置で無いと、色の差が目立つからです。もちろん、塗装を行う前にへこみなどがある場合は、鈑金も行っておく必要があります。鈑金修理後、徹底的に磨きが掛けられます。これ以上無いと言えるほど、ボディにはペーパーやすりが掛けられ、表面を手のひらで触りながら、状態が確かめられます。その後徹底的に脱脂が行われ、試し塗りで、色目を確認します。

何度も塗料を吹き付け、また磨きが掛けられてその上から塗装を重ねる作業が何度かに分けて行われます。最後は乾燥が行われて完成します。このとき、少し多い目に塗るのがプロの技です。塗料がたれるかたれないかの直前で、きれいに塗ることが職人には求められます。また、プロが使うと草のガンは、非常に塗料の粒子が細かく、素人がやるスプレーペイントの粒子とは比べモノになら無いほど小さなモノです。それ故、あれほどの艶が出せるのです。素人が見よう見まねで、DIYでやるのとは仕上がりが確実に違います。もちろん、スプレー缶では色にも差が出て当然です。プロに頼むと、一カ所最低でも5万円は取られますが、その価値は十分あるとイエスrのです。ボディにいぼけが出ている場合は、全塗装となります。この場合は15万円は最低でも予算が必要です。もちろん、耐久性は新車の状態よりは落ちるので、その当たりも考える必要があります。

【参考】

Copyright (C)2017中古車をお得に補修する方法について.All rights reserved.