車を中古車買取業者に査定してもらう時、ボディーの傷を補修するべきかどうかは条件によって異なります。

中古車をお得に補修する方法について

中古車業者に査定してもらう前に車の傷は補修するべきかどうか

車が不要になった場合、中古車買取業者に売却をする人が多いようです。中古車買取業者では買取額を査定によって決めます。査定では、走行距離や車種、年式の他に、車内の汚れやボディーの傷み具合、エンジンやタイヤの状態などから買取額を算出します。査定額が高くなる要因としては走行距離が短い場合やその時に良く売れている車種であることなどがあります。そしてもちろん、車内やボディーは汚れや傷が少ない方が査定額は高くなる可能性があります。車の汚れなどは、査定してもらう前に掃除や洗車をすることできれいになります。査定の項目に洗車がしてあるかどうかということは無いのですが、査定をするのは人間なので、やはりきれいな車の方が印象がよくなります。

ボディーに傷がある場合は、査定では減額の対象になります。中古である以上、孤赤い傷があるのは仕方ないのですが、目立つ傷がある場合にはどうしたらよいのでしょうか。業者に頼んで傷を直すという方法は、お金がかかった割に査定額が上がらなかったということになる可能性もあります。補修するのにどれくらいの費用がかかるのかを確かめてから考える必要があります。最近は自分で傷の補修ができるキットなどもカー用品店で販売されています。普段から、自分で補修をしていて慣れている人ならばそれも良いかもしれません。しかし、慣れていない人が自分で傷を補修しようとすると逆に目立ってしまい、業者が買取った後にやり直すこともあります。もちろん査定では減額の対象となるので、慣れない人はそのまま査定してもらうのが結果的には一番よい方法と言えるかもしれません。

【参考】

Copyright (C)2017中古車をお得に補修する方法について.All rights reserved.